インターバンク取引

ここでは、外国為替証拠金取引の仕組みについて説明していきます。


外国為替証拠金取引はインターバンク取引から派生した商品であるということを、最初に知っておくと必要があります。インターバンク市場では100万ドル単位で取引され、業界ではこれを「1本」と呼びます。ただし、インターバンク取引では1本単位で取引されることはほとんどありません。多くの場合、10本、100本というような単位で取引が行われます。1米ドル100円の場合、1本は1億円ということになり、10本、100本となると10億円、100億円という大金が動くことになります。個人投資家でもインターバンク取引をすること自体は可能であるものの、こんな大金を用意するのは困難でしょう。


そこで、最低取引単位が見直され、1小口化されました。また、インターバンク取引には「2営業日後決済」というシステムがあります。100万米ドルの外貨を購入しても、その時に支払う必要はなくて、2日後に1億円を払えばいいということです。銀行側としても大きなお金を動かすのは大変ですからこうした仕組みになっているのです。


外国為替証拠金取引はインターバンク取引から派生したものですので、決済は2営業日後。しかし、個人投資家にとっての外貨は儲けるために持つものであり、外貨そのものが欲しいわけではありません。したがって、わざわざ決済する必要がなくなり、決済日を1営業日ごと延長していくロールオーバー方式が登場しました。