証拠金とは

外国為替証拠金取引において重要なのが「証拠金」です。基本的な事項ですので、これを知らずに外貨を買うのは無謀だと思います。「証拠金」についてしっかりと学んでおきましょう。


外国為替証拠金取引は「差金決済取引」方法で取引が行われています。差金決済取引とは、レートが上がったり下がったりしてもうけがでたらそれを受け取り、まいなすになってしまったらその分を支払うというものです。損失が出た時にお金が払えなかったら困りますから、担保の意味合いで預けておくのが「証拠金」です。


具体的な取引例で説明していきましょう。1米ドル100円の時に1000万円分、10万米ドル購入したと仮定しましょう。米ドルが99円まで下がった場合、1000万ドルは990万円になります。1000万−990万円で10万円の損失です。差金決済取引は、この差額分だけをやりとりしますので、ここでの決済を選択した場合は証拠金から損失の10万円を引き、日数分のスワップを足して取引が完了です。このように、証拠金は損失を補填するような形で使われます。


レートが1円に上がって1ドル101円となった場合、10万円の利益が出るわけですが、ここで決済すると10万円を預けている証拠金に加算したうえで、さらに日数分のスワップが足されて取引が終わります。


なお、証拠金がいくら必要になるかは、証拠金に対して何倍の効果を出したいのかによって決まります。また、業者によって証拠金率が異なるため、取引前に確認しておきましょう。